process | 制作行程

    works
  • material
  • process
  • tools
1. デザイン

着る人のこと、表現したいこと、使いたい生地のこと、そして季節のこと。様々なことを考えて、自分の言葉や絵で一着の衣服のかたちをつくっていきます。オーダーの場合は、この段階でお客様のライフスタイルなどをお聞きする打ち合わせをします。

2. 型紙(パターン)の作成

デザインしたものを元に、生地に合わせたパターンを引きます。

3. トワルの作成

シーチングという仮布を型紙にあわせて裁断し、シルクピンで立体にしていきます。細かなデザイン、寸法、動きやすさなどの確認をくり返し、パターンを完成させます。
オーダーの場合で、特別な体系をされている方は、トワルを縫い上げたものをフィッティングして、寸法の確認をさせて頂くことがあります。

4. 生地の裁断

修正をくり返し完成させたパターンを、本番の生地でていねいに裁断していきます。
商品になってから、ご自宅で洗濯をされる場合の生地の伸縮を最低限に抑えるため、生地は裁断の前に一度水通しをして、地直しをしてから裁断をしています。 生地を裁断後、パーツによっては生地に張りを出したり、補強のために芯を貼ります。

5. 縫製

ミシンの糸調子、針目を整えてから縫製します。縫い代の始末、ステッチの幅などていねいに仕上げるための細かい作業が続きます。途中でアイロンを使うこともよくあります。

6. 仕上げアイロン

プレスとも呼ばれる工程です。衣服のデザイン、素材にあった仕上げをします。アイロンのかけ方ひとつで、表情がかわるので大切な工程です。

7. 完成

長い工程を経て、完成しました。お客様のもとへ行き、大切にされることが何よりの喜びです。