10月のひと月ひと花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋から冬に移り変わる儚げな季節です。

 

その季節にぴったりなひと花が今月も活けられました。

寒さ厳しくなるこの季節に、ぐっとまっすぐに伸びる茎と

しっかりとした肉厚の葉。

 

幼少のころはとても身近にあった花でしたが、

今は意識しないと飾ることがないけれど、

私の意識にはずっと残っている花です。

 

夏目さんから頂いた、

言葉があまりに素敵で彼女の生きてきた道と

絵になんだかすっと納得させられました。

 

今年も残すところあと2ヶ月あまり。

ひと月ひと花は2月まで続きます。

 

皆さまのご来店お待ちしております。

 

coromo-cya-ya 店主 中臣美香

 

——————————————————————————

 

私が子供のころ、実家の畑で菊を育てていました。

お店に出荷するものではなく、家でたのしめる分だけ育てて、

玄関やお仏壇に活けていました。

 

たまに、朝、母に呼ばれて

「これ、学校に持っていって。教室の花瓶に飾りなさい。」

と、新聞紙にくるんだ菊の花束を渡されて、学校に持っていったこともあります。

 

 

持って行った菊の花を教室に活ける。
その行為が、なんだか誇らしかったのを、今でもよく覚えています。

 

 

10月のひと花は「菊」

 

寒い季節の花選びは苦労するかしらと思っていたけれど、そろそろそんな季節!

 

次回は11月15日に新しいひと花をお送りします。

 

 

夏目麻衣

おへそ展のお礼

9月20-26日まで

日本橋三越本店で行われた「おへそ的、買い物のすすめ展」

二年目の出展となる今年、昨年以上に盛り上がり

沢山のお客様にご来店いただきましたことを、

心からお礼を申し上げます。

一年ぶりの再会となるお客様が

「昨年買ったシャツが本当に着心地がよくって」と

お話ししてくださるたびに、

ものをつくって人の生活に、与える影響力というのを感じ、

感慨深い気持ちに何度もさせられてしまいました。

 

新しい出会いもたくさんあり、

沢山の人の手に渡っていった、シャツと焼き菓子たち。

また、皆様と再会できるのを楽しみにしております!

 

また、この機会にお声掛けをいただきまして

一田さんをはじめ、暮らしのおへそ編集部の皆様には感謝以外の

言葉がありません。

ありがとうございます!

出展者の皆様とも、一年ぶりとは思えない集まり、、、

いい力加減で、意識が高く、仕事と遊びを楽しんでいるような方々。

貴重なイベントに出展させていただき、

ただただ、精一杯やることでしかできませんが、

関わる方々からも学ぶことが沢山ありました。

 

そして、それは私だけにとどまらず

お店のスタッフそれぞれにいつもと違う”学ぶ”機会を頂けたと思っています。

一緒に目標に向かって走るスタッフは、私にとって心強い存在になっていますし、

それとともに、個々の成長もいつも望んでいます。

 

精一杯やった人だけが味わえる達成感。

そして達成感の次に開けてくる、新しい道がある。

そう確信したイベントでした。

 

いつもの吉祥寺のお店でも

ほんのひと時がいい時間であるように!

 

coromo-cya-ya 店主 中臣美香

10月のお休みのお知らせ

誠に勝手ながら、

10月16㈪-18㈬をお店をお休みさせていただきます。

 

夏のカキ氷からおへそ展までずっと走ってきたスタッフにも

少しではありますがしっかりとエネルギーチャージをして、

また皆様をお迎えいれたいなと思っております。

 

ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。

9月のひと月ひと花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の終わりを感じる少し冷たい風と、

 

強く淡い夕日にさらされて、

 

秋はちょっぴり心細くなります。

 

 

 

秋のことを想うとき、誰もが思い浮かべる花が在るはず。
そんなことを考えて選びました。

 

白や薄桃のコスモスは儚げな存在感があって好きだけど、
今回は一味違ったビターな色合いで。

 

9月のひと花は「チョコレートコスモス」

 

 

次回は10月15日に新しいひと花をお送りします。

 

今年の秋は、心細ささえもスパイスにして、愉しめる秋になりますように。

 

 

 

夏目麻衣

 


 

 

9月の花の絵が届きました。

今月は何の花にしようかと、思いを巡らせている夏目さんを

垣間見て過ごした8月。この花が届けられました。

 

私はこの季節の、風を感じると

安曇野の川辺、川と道なりに続いている土手を思い出します。

なんでもない土手と道なのですが、

この季節になると、何メーターにも続くコスモスが咲く土手道にかわります。

 

友人宅から自転車で帰る途中にあるその道の光景は、

大人になった今でも、風に揺れるたくさんのコスモスと

自転車を走らせながら受けていた、風の温度を思い出します。

ただ、自然に咲いたあのコスモスの群生。

 

夏目さんから届いた、花の絵を見て

また、思い出しました。

 

9月も夏目さんの絵を、楽しみにいらしてください。

 

coromo-cya-ya 店主 中臣美香

おへそ展へ出展いたします

「暮らしのおへそvol22」にcoromo-cya-ya 店主として取材を受けてから

もう一年。

いまだに、暮らしのおへそを見てくださった方とのお話が絶えずあり、

本当に丁寧に読まれている本だと、感じています。

 

昨年はじめて出展した、「おへそ的、買い物のすすめ展」。

今年も出展いたします!

本日、暮らしのおへそ最新号、vol24が発売になりそれと同時に

告知解禁です!

 

今年も、日本橋三越本店でお待ちしております。

coromo-cya-yaは2フロアでの出展。

本館1F中央ホールでは、

昨年同様、Houttuynia cordataのシャツをメインとした

衣服の販売と、今年はさらに焼き菓子に力をいれ、

いつもはお店ではご提供していない品々が並びます!

シャツは、秋冬の新作、新色もお持ちします。

そして、コダータのシャツはこの秋から定番のかたちは

サイズ展開がはじまりましたので、より多くのかたに手にとって

着ていただけると思っております。

 

そして、新館4Fライフスタイルゾーン。

こちらでは、はじめての試み。

Houttuynia cordataのシャツのオーダー会を行います。

私がデザインしているもの以外の組み合わせを選んでいただけます。

お客様のお好みと、スタイリングを一緒に考えてオーダーしていただける

とても特別な時間です。

 

日本橋三越へのご来店お待ちしております。

 

会場:日本橋三越本店 本館1F中央ホール と 新館4Fライフスタイルゾーン

会期:9/20(水)~9/26(火)

日本橋三越の営業時間:10:30~19:30

 

 

 

 

 

8月の「ひと月ひと花」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の青空を背景に、うんと映える紅色。

 

花を見かけるたびに、夏が来たんだと思わされます。

ちりめん状の花弁がかわいさに誘われて手を伸ばすけれど、

触った途端に はらり と散ってしまう。

散っては咲くその姿を暑い季節ずっとたのしませてくれる花です。

 

8月のひと花は百日紅。

 

次回は9月に新しいひと花をお送りします。

 

 

夏目 麻衣

 

今回の絵ははじめて夏目さんとお会いせずに

15日の朝一、出勤してから目にしました。

とても楽しみにして、出勤しました。

 

その絵を見た途端、

ここ数日、街で見かけるあのピンクの花の樹はなんて名前なんだろうと思っていた花でした。

 

さるすべりという木を知ったのは、小学生の時でしたが、

咲いている花を知らずにいました。

 

こんな暑い夏に、咲く花。

 

是非、お店に足を運んでみてください。

 

coromo-cya-ya  店主 中臣 美香

 

 

 

 

お店のお休みのお知らせ

今年は暑い日が多いですね。

 

暑い暑いとばかり口にせずに、

きりっと背筋を伸ばして過ごしたいな、と思っています。

 

少し早いですが、

お休みのお知らせです。

 

8/16(水)、17(木) とお休みをいただきます。

 

8/15(火)は通常は定休日ですが元気に営業いたします!

 

連休とあわせてお出かけご予定のお客様くれぐれも

お気を付けください。

 

災害が多いですが、皆様少しでもいい夏を過ごされますように。

 

coromo-cya-ya 店主

7月のひと月ひと花

暑い日が続きますね。

7月になりいよいよ夏が来たのを感じます。

 

夏目さんから7月の花が活けられました。

目にしたときに

「夏だね!夏目ちゃん!」と、思わず言葉がでました。

 

夏のうっそうとした、空気までも漂わす7月の花。

ちらっとお見せしている写真も

蜃気楼越しのようで、暑そう。

 

夏目さんから頂いた文章も

人間味が溢れる内容でなんだか今は絵を見ているだけで

胸がギュッとなります。

 

カキ氷を食べながら是非絵を見にいらしてください。

 

coromo-cya-ya 中臣美香

—–
みなさんは、初めて自分で花を買った日のことを覚えていますか?
私が初めて自分で花を買ったのは小学生のころ。母の日に、カーネーションを。
次に買ったのは、お仏壇に備えるために、菊の花たちを。
それから、その次に花を買ったのは、好きな人にプレゼントするためでした。
ちょうど何年か前の7月のこと
彼に会う前に、花屋さんにふらりと寄って。
しばらく店内をぐるぐる。
ユリ、バラ、ヒマワリ、ダリア、カラー…この夏の季節、花の種類の多いことといったら!どれも一本できちんと魅力のある花たちに目を奪われてばかり。
でも、その中で名前も知らない花を見つけました。
手に取ってみると、丈夫そう。強い色。乙女すぎない佇まい。いつの間にかこの花に惹かれて、花瓶と一緒に購入していました。
そう、わたしが買ったのは「モカラ」
南国原産でランの一種のこの花は、暑さに強く、様々な色の種類があります。
初めてモカラに出会ってからもう何年経ったことやら分かりませんが…
行事に因むことなく、花を選んで人に贈る。
モカラは、花の新しい愉しみ方を私に教えてくれた、初めての花。
いまでもすこし特別な存在です。
7月の花は8月14日まで。
8月15日からは、新しい花を展示致します。
暑い日が続きますが、どうか素敵な夏になりますように。
夏目麻衣

6月の「ひと月ひと花」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏目さんから6月の花が活けられ、

約10日が過ぎました。

まさに今この花はあちらこちらで目にし、

足をとめたくなる魅力的な花です。

夏目さんからの言葉も届いております。

是非、雨が降る中この絵を見にいらしてください。

 

coromo-cya-ya 中臣美香

—————————————–

 

鮮やかな見かけにも関わらず、香りがしないことから

「ひかえめな美しさ」といわれる紫陽花。

私はその大きな佇まいと、美しい色に、いつも目を奪われてしまいます。

光りと湿度をまとった姿は見るたびに色彩が変わるよう。

 

私が小学生の頃「〇〇博士になろう!」という授業テーマがあって、

その頃、色の名前に興味があった私は「色博士になる」ことを目標にしていました。

ちょうど外には紫陽花が咲いている季節。

黄緑、青、紫、赤、に変化する植物。

日を追って変わる色彩を追って、

図書館で色の名前を探す日々のことを今でも覚えています。

 

梅雨の季節、みなさんはどんな紫陽花を見て、どんな色をみつけるんでしょう。

 

 

紫陽花の絵は、6月15日から7月14日まで。

7月15日からは新しい花を展示します。

 

夏目 麻衣

 

カキ氷のはじまり

梅雨入りしたというのに、

晴れ晴れしい夏日もあり、気持ちのいい初夏ですね。

 

今年もたくさんお問合せをいただいておりました

カフェのシーズンデザート カキ氷 がいよいよ6/21(水)よりはじまります。

約3か月間のメニュー。

是非、年に一度は召し上がりにご来店ください!

 

たくさん、ものが溢れている世の中だからこそ、

季節を感じるというのは、とても大切なことだなと感じています。

 

今年は新しいカキ氷シロップも登場いたしました。

オレンジマンゴー です!

フルーツのかけあわせで何かおいしいものをいつかつくりたいなと思っていました。

是非、お楽しみに!

 

※ 今年より、カキ氷の単品のメニューをなくし、

カキ氷とあたたかい紅茶のセットのメニューとなっております。

より、充実したカキ氷の時間と私たちのお店を楽しんでいただければと

思っております。