12月のひと月ひと花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年この季節になると、

街をあるく人の笑顔がやけに温かく見えて、

寒い日なのに、そのシーンをみているだけで

気持ちが温かくなる時があります。

 

年末に向けて楽しい日や新しい年を迎える準備にと

少しいつもと違う気配が漂う月。

 

今回夏目さんが活けてくれたひと花の名前を知ったのは

20歳を過ぎ社会人になったばかりの頃でした。

「なんてロマンチックな名前・・・」

でも実際に花をみると、土から低いところでうつむくように

咲く姿は、私の思い描いていたものとは違って

近寄りがたいほどの雰囲気のある花でした。

そして、この花が好きという方に出会うと

なんておしゃれで素敵なセンスの方なんだろう!と、思っていました。

 

夏目さんが描いた2017年最後の花は、

年を締めくくり、新たな年を迎えるに相応しい姿です。

 

今年最後の今月もご来店お待ちしております。

 

coromo-cya-ya 店主 中臣美香

 

——————————————————————

 

空気がピリッと冷えてくると、

身体が軽くなったような気になって、

どこか遠くの知らない土地に行きたくなります。

 

できるだけ、自分の名前も過去も全部置いていけるような、

まっさらな場所。

 

自分をまるっきり全部脱いでしまいたいと思う気持ちと、

誰でもない自分になりたいと思う気持ち。

 

 

12月のひと花は「クリスマスローズ」

 

今回描いたのはクリスマスの時期に花を咲かせるヘレボルス・ニゲルという品種です。

(白い花は5月のドクダミぶりでしょうか。)

 

冬に似合う、とっておきの清潔感。

 

白い花を見ていると、まるで、自分自身を内面から正してくれるような、

冬に旅に出る前のような気持ちになります。

 

 

 

今年にさよならを言って、新しい年を迎えるこの時期。

みなさまの来年が、すばらしい1年になりますように。

 

 

次回は1月15日

 

2018年、最初のひと花をお送りします。

 

 

夏目麻衣