10月のひと月ひと花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋から冬に移り変わる儚げな季節です。

 

その季節にぴったりなひと花が今月も活けられました。

寒さ厳しくなるこの季節に、ぐっとまっすぐに伸びる茎と

しっかりとした肉厚の葉。

 

幼少のころはとても身近にあった花でしたが、

今は意識しないと飾ることがないけれど、

私の意識にはずっと残っている花です。

 

夏目さんから頂いた、

言葉があまりに素敵で彼女の生きてきた道と

絵になんだかすっと納得させられました。

 

今年も残すところあと2ヶ月あまり。

ひと月ひと花は2月まで続きます。

 

皆さまのご来店お待ちしております。

 

coromo-cya-ya 店主 中臣美香

 

——————————————————————————

 

私が子供のころ、実家の畑で菊を育てていました。

お店に出荷するものではなく、家でたのしめる分だけ育てて、

玄関やお仏壇に活けていました。

 

たまに、朝、母に呼ばれて

「これ、学校に持っていって。教室の花瓶に飾りなさい。」

と、新聞紙にくるんだ菊の花束を渡されて、学校に持っていったこともあります。

 

 

持って行った菊の花を教室に活ける。
その行為が、なんだか誇らしかったのを、今でもよく覚えています。

 

 

10月のひと花は「菊」

 

寒い季節の花選びは苦労するかしらと思っていたけれど、そろそろそんな季節!

 

次回は11月15日に新しいひと花をお送りします。

 

 

夏目麻衣