4月の「ひと月ひと花」

春が来ると、チューリップに会いたくなる。

「出来れば葉は切らないでね、そのまま花瓶に入れてね。」



きょとんとした顔の私に、花屋の4ひきのねこさんが続けて

「チューリップって、球根でしょう?葉の中から茎が伸びて咲くでしょう。


だから、葉と花は一緒にね。そうすると長持ちするから。」



と、教えてくださいました。





よく見るとこのお店のチューリップはみんなたくましい。

葉が、しっかりあってこそ、花の魅力が増すかのよう。



大きなバケツ3つの中から、3本のチューリップを選んで持ちかえりました。





家に帰って、花瓶にそのまままとめて活ける。

葉のゆったりとした曲線。

くつろいでいるみたい。

花は ぐん とのびやかで、気持ちが良い。

鮮やかな色。

たくましい葉。



葉があってこそ花が映えるという魅力を、

今まで知らなかった。







チューリップの絵は、5月14日まで。

5月15日からは新しい花を展示します。





夏目 麻衣